mekuraria
脳幹縮退
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2009/12/26(土)   CATEGORY: 音楽
聞いたCD in 2009 (その1)
久々の更新。昔は週3くらいだったのに最近は更新月一かよ!ってお叱りが聞こえてきそうです。mekuraです。

更新停滞の言い訳と言えばそれまでですが、12月初めに5年間使い続けたPC様が大往生なされて新しいパソコン様に変わるまでので間あんまりネットが出来ませんでした。(一応ノートパソコン借りてた。)
やっとのことで新調したパソコン様になってサックサク!サックサクだよマリコちゃん!状態です。容量なんて一気に6倍(1.5TB)!になって超快適なので、ブログの方も隙があればまたまた更新していきたいでーす^p^うわわーい

ということで残り短い今年を惜しみつつ2009年に"多分"聞いたであろうCDの中でよく聞いたものをピックアップしようと思います。
あ、多分っていうのは新しいPCに古いHDDから一気にデータ移したからCD取り込んだ日付が全部復旧した日になっちゃって正確な日付がわかんなくなっちゃったって意味ね。って訳で自分のgdgdな記憶を頼りに頑張るお!

今年はどれくらいCD聞いたんだろうかなー。今年は何気にかなりの枚数聞いてる気がする。記事が死ぬほど長くなりそうなので何回かに分けて書く予定です。あくまで予定なんで飽きたらやめます(
蛇足ですが今回はちょっと採点キビシメです。


■1.Quickspace/Precious Falling。
Precious FallingPrecious Falling
(1999/09/07)
Quickspace

商品詳細を見る


このアーティスト、Four tetのDJ kicksに収録されてる曲で有名だと思うんだけど(実際それが良かったので気になったし)収録されてる曲とは違って凄くロックよりな作品。ってか普通80年代後期のロックさ+古臭いロックっぽさ+ベルベットアンダーグラウンドチックな気だるさが混じっててそれでいて非常に聞きやすいです。
マイブラっぽい感じもあるのでそっち系が好きな人も楽しめるかもしれないなぁ。ベルベッツっぽいのが好きなら多分買いです。曲調もバリエーションに富んでて飽きさせない良盤。



[8.5点]

■2.Adele/19
1919
(2008/01/29)
Adele

商品詳細を見る

いやーこれはすごいよ。wiki見てもらったらわかると思うけどたまたまテレビで出てもてはやされてるだけの人じゃないです。そんなに期待してた訳じゃなかったから聴いた時びっくりしたー。
40超えてるんじゃない?wっていうくらい貫禄のある歌声も良いんだけど普通に曲が素晴らしい!ネオアコっていうのかよくわかんないけどそんな感じなのかなぁ。アコースティックなだけに留まらずピアノ伴奏な曲だったり所々ストリングスを用いてたりした曲もあってなかなか良いです。
個人的には女版Jamie Cullumって感じかな?ともかくjazz系の女性ボーカルっぽい声が好きなら聞いてもいいかも。
1stなのでこれからにもっと期待~。あと、見た目がめっちゃ貫禄あるwww
有名なのは↓の曲だけど他の曲もこれに負けじといいですよ!



[7.5点]

■3.Pivot/Make Me Love You
Make Me Love YouMake Me Love You
(2006/10/23)
Pivot

商品詳細を見る

聞いたの今年じゃない気がするけどpivotのアルバムをチョイス。
この間まで知らなかったけどこのバンドwarp所属らしいです。その割にはあまり変態っぽい感じが見えないんだけどね。
曲は普通のポストロック。とはいえけどあまり変態してるわけでもなく轟音なわけでもなく感覚で言うとFridge+El ten elevenに近い感じかな?特にしつこいことをするわけでもなく普通に普通のことをしてる。っていうのが逆にポストロック界隈の中じゃ新鮮に感じます(笑)とりあえずゆるい系ポストロック初心者にオススメな感じ。



[7.5点]

■4.Gregor Samsa/Rest
RestRest
(2008/05/13)
Gregor Samsa

商品詳細を見る

ポストロック連発になるけどGregor SamsaのRest。
とはいってもこのアルバムは"Rest"ってタイトルに合わせるようにかなーりポストクラシカル&アンビエントよりなアルバムになってます。
女性のコーラスやピアノの旋律は聞いてて安らかな気分になること間違いなしです。まさにタイトル通りの内容。
jazzのようなまったりさじゃなくてあったかい布団でゆーっくり眠る前なんかに聞いたらいいんじゃないでしょうか?
さしずめちっちゃいSigur Rosみたいな感じかなぁ。変な表現だけど。
とまぁシガーロスの壮大さが逆に気に障るようならこっちです。ねみー。



[7.5点]

■5.Area/Crac!
Crac!Crac!
(2007/05/01)
Area

商品詳細を見る

はい。恐らくプログレ好きなら多分知ってるareaの名盤Crac!です。
正直今までこれ聞いてないのにプログレ好きとか言ってすいませんでした。というか好きだけどプログレ~メタル界隈は全然攻めてないです。
まー一曲目のL' Elefante Bianco聞いてもらえば大体areaってこんな感じなんだっていうのがわかってもらえると思います。プログレッシブなリフが特徴的な個人的に名曲。ベースラインのうねり方がサイコー!
プログレッシブなんだけど聞きやすい、そしてジャズっていう不思議なアルバム。他にも超絶技巧なドラム、キーボードが目白押しでプログレファンなら是非どうぞ。とはいっても四天王とはだいぶ違うけどね。ジャズロックってこんな感じなのね、っていうのを実感した一枚です。っていうかイタリアンプログレ?
ファンには悪いけどデメトリオのボーカルがなんか間抜けで笑っちゃいますw


[8点]

■6.Ólafur Arnalds/Found Songs
Found SongsFound Songs
(2009/10/13)
遵o醇pr遵bur Gudmundur Hermannsson、

商品詳細を見る

アイスランドのピアニストÓlafur Arnaldsの今年出た新譜です。Ólafurでオーラヴルって読むらしいです。絶対読めません。
ニカっぽさが前から比べてなくなってるっていうのがかなーり残念です。っていうか前作から同じことばっかりしてるしあんまり新譜っぽさが見られないなぁ。というわけで相変わらず感が大きいけど初めて聞く分には新鮮な感じかもしれないのでソロピアノチックなのあんまり聞かない人は聞いてみてはいいんじゃないでしょうか。
って酷評してるんだけどPVとそれに使われてる曲がめちゃくちゃいいのでそれだけで超おなかいっぱいっていうw
このPVの曲だけはすごく良いので見てね。結婚式とかにも使えそうだね~


[7点]

■7.Opeth/Blackwater Park
Blackwater ParkBlackwater Park
(2006/07/03)
Opeth

商品詳細を見る
プログレメタルなめてました。これがすげーいいのいいの。
まー北欧クサメタルがかっこよくなっちゃってプログレッシブ!てなアルバム。ダサさが取り柄なのにかっこよくなっちゃってどーすんのって感じですけど。っていうよりかキングクリムゾン+最近のメタルって感じか?
プログレってだけあって曲が長いのがちょっと…って感じだけどかなーりいいと思います。オススメ!
ライブ見たい!


[8点]

■8.Mercury Rev/All is Dream
All Is DreamAll Is Dream
(2008/10/14)
Mercury Rev

商品詳細を見る

マーキュリーレヴの傑作アルバム。
この世界観はあんまり例えようがないというか言葉が浮かばないんだけど強いて言うなら80年代後半~90年代初頭のロックっぽさ+壮大さ+若干童謡くさい感じ?
訳わかんない例えですが普通に00年代以降のアメリカンインディーっぽさもありつつあるのでArchitecture in Helsinkiあたりが好きなら聞いてもいいのかなぁ。と。
分類だとオルタネイティブになるのかな。Stone Rosesとかブリットポップがいけるならいけるかも。
スフィアンスティーブンス好きにもオススメ。
サマソニ見れてよかったよかった



[8.5点]

■9.Small sails/Similar Anniversaries
Similar AnniversariesSimilar Anniversaries
(2007/07/30)
Small Sails

商品詳細を見る

フォークトロニカから一枚。
雰囲気的にはまさにElectricPresidentって感じですね。よくあるフォークトロニカっていったらそれでお終いなんですけど。
アコースティックなサウンドに男性ボーカル、加えてグロッケンが鳴り響く様はもはやフォークトロニカのスタンダードですね。
フォークトロニカって最初に書いたけどこれは全部生音くさいのでポストロックって捉えかたの方がいいのかな?
個性はあんまりないけどアルバムとしてのクオリティは全然及第点達してるので聞いてみてもいいと思います



[7点]

■10.Matt Elliott/Drinking Songs
Drinking SongsDrinking Songs
(2005/09/06)
Matt Elliott

商品詳細を見る

ダウナーです。非常に暗い。EspersのⅡ聞いた時も「なんやこのネクラアルバムは…」と思いましたがこっちも相当ネクラです。
全編強制収容所等の映画のシーンの挿入歌で使われそうなほどネクラ。男性ボーカルのコーラスやアコーディオンが使われててさらに悲壮感が漂ってます。
けどネクラなんだけどこのアルバム、なぜか好きなんだよなー。切ないけど落ち着きます。
部屋で悲壮感に浸りながら一人で聴く用専用アルバムかもしれないですね。
ブルージーな雰囲気が手軽に楽しめます。
PVもネクラで気持ち悪いです。



[8点]

-------------------------------------------------------------------

ということでまず10枚。ここまで書いて思ったのはいっぱい聞いてたはずなのにそこまで自分音楽聴いてないなってこととレビュー書くのってめっちゃ難しいなってこと。雑誌のレビューしてる人とか地味にすごいのね。
最初にネタ出しすぎて次が書けるか心配です
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

John Infinity | URL | 2009/12/28(月) 14:58 [EDIT]
おいおい!Steel Pantherはどうしたんだよ!?
あんなクールでファッキンなバンドは真っ先にレヴューすべきだろ?

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © mekuraria. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。